日本中をあなたの研究室に

研究開発を民主化し、
誰もがやりたい実験を行える世の中を目指します。

サービス


実験機器シェアリングプラットフォームCo-LABO MAKER
『Co-LABO MAKER(コラボメーカー)』は、時間や日単位で利用できる研究機器や委託/技術開発を依頼できる組織を、日本中からマッチングするサービスです。
 「機器利用者」は、実験機器や技術を、全国のデータベースから最短で見つけて、研究を加速することができます。「機器提供者」は、強みの技術や遊休設備等、活かしきれていないリソースを使って、簡単に資金や機会を得ることができます。

初めてCo-LABO MAKERをご利用される方向けのサービス説明資料はこちらから
Vision

研究開発を民主化し、誰もがやりたい実験を行える世の中を作る。


Misson

全ての機器・技術に光を当て、誰もが活用できるようにする。

代表メッセージ

本当にやりたい実験をしよう

私は、大学時代に2つの研究室を経験後、総合化学メーカーで半導体関連の研究開発をしていました。現在も大学と大学初ベンチャーに所属し、研究を行っています。その中で、多くの機器や技術、そして研究者が、活かされずにそのポテンシャルを持て余しているという、大変もったいない状況を多数目にしてきました。

「余っているのに使えない。やりたい実験ができない。そんな不合理な状態を解消するにはどうすればいいか?」こんな問いがCo-LABO MAKERの原点です。

活用できる機器や技術を可視化して提供できる仕組みを整えることで、チャレンジのハードルを大幅に下げられます。また、これまでつながらなかった人・技術同士がつながり、化学反応を起こして、多くの新結合=イノベーションが生まれます。私たちはCo-LABO MAKERを通して、誰もがやりたい実験や挑戦ができる社会を実現したいと思っています。

(Co-LABO MAKER代表 古谷優貴)

採択事業

受賞歴


第2回MVPアワード:最優秀賞 

BRAVEアクセラレーションプログラム:TECH LAB PAAK賞 

Incubate Camp 10th ベストグロース賞2位タイ 

Sendai for Startups!ビジネスコンテスト2018 社会起業家賞 

TOHOKU ACCELERATOR 2017 共感賞、ドイツアクセラレータ賞 

未来2018 シェアリングエコノミー賞、その他部門最優秀賞

第2回MVPアワード:最優秀賞 

メディア掲載

ニュース

2018.10.25 利用者向け保険提供開始のご案内が、日刊工業新聞に掲載されました。
2018.10.25 三井住友海上火災保険株式会社と協業し、利用者向け保険の提供を開始しました。(プレスリリースはこちら
2018.10.10 研究者向けイベントを開催しました(イベント詳細はこちら
2018.09.21 代表古谷のインタビューがリケラボに掲載されました。
2018.09.11 つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業に採択されました。
2018.08.21 代表古谷のインタビューがニュースイッチおよび日刊工業新聞に掲載されました。
2018.10.10 研究者向けイベントを開催しました(イベント詳細はこちら

会社概要

運営会社
会社名 株式会社Co-LABO MAKER
所在地 【本社】
〒980-8579
仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40T-Biz101

【東京オフィス】
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2丁目3−12KTCビル4F
資本金 22,000,000円(資本準備金含む)
代表取締役 古谷優貴
設立 2017年4月7日
事業内容 実験機器・設備および技術のシェアリングプラットフォーム「Co-LABO MAKER」の企画・開発・運営
事業内容 実験機器・設備および技術のシェアリングプラットフォーム「Co-LABO MAKER」の企画・開発・運営



Recruiting

Co-LABO MAKERでは、日本の研究を変える仲間を募集しています。
Co-LABO MAKERへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。